「Special Thanks to...」

その胸の奥の深い場所で
隠したフリの悲しみに
どんな歌をいま歌えたなら
君のことを救えるだろう

臆病なままの僕たちは 痛みも孤独も
分け合ってここまで来たんだ 歌ってくれよ

ラララ...

いつかは終わりを迎えてしまう
与えられた命のなかで
泣いたり笑ったり 手を繋いだり
短すぎて足りないよな

歩道橋から見渡す街 光る窓の色
同じ数だけ宿る祈り その先には

ラララ...

君も僕も 強くはない
だけど ひとりじゃない

君も僕も 強くはない
だから ひとりじゃない

[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]