「明日ぼくが居なくても」

嫌われるのが怖くて
バレないように嘘を吐く
そんな日々の繰り返しにいつも
増えるのは溜め息ばかり

また一日が始まる
心は部屋に置いてきた
機械のように振る舞えば
生きることなど容易いものです

そうやって全てが麻痺していく
虚しさのなかで
歯車のひとつになって
人ゴミに紛れていく

明日ぼくが居なくても
何も変わらないような気がしてるんだ
僕の影が切り取られた世界は
平然と回るのだろう

胸に開いた小さな穴
乾いた風が入り込む
傷跡はまだ痛むが
それもやがては慣れていくのかな

バラバラに散らばった心のかけら
拾い集めてもゴミになるだけかな

ずっと凍えて地下室の隅で
選ばれるのをただ待っている
誰か僕を見つけてよ
叫ぶこの声はもう届かない

明日ぼくが居なくても
何も変わらないような気がしてるんだ
僕の影が切り取られた世界は
平然と回るのだろう




[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]