「セピア」

上手く行かない毎日の行方を
いつでも何かせいにして
当たり前のように
溢れ落ちてくる言い訳を
積み重ね自分を誤魔化した

そんな自分を棚に上げ
君に笑ってほしいとか
どのツラ下げて歌ってたんだろう

自由よりも孤独よりも
今の僕に必要なのは
ほんの少しの優しさだろう
変わりたくて変われなくて
心が痛いけど
いつか胸を張って君に歌いたい

誰かを陰で妬んだり
ろくに努力もしないまま
羨ましさに指をくわえて

そんな自分を棚に上げ
誰かのために生きるとか
どのツラ下げて歌ってたんだろう

上辺だけの言葉たちや
使い回された感情じゃ
君の涙も拭えないだろう
分かっている気付いている
遠回りのなかで
やがてたどり着いたひとつの答を

自由よりも孤独よりも
いま必要なのは
ほんの少しの優しさだろう
変わりたいな変われるかな
光は見えなくても
いつか胸を張って君に歌いたい




[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]