「青く染まるその先へ」

ガラスみたいに綺麗な目で
苦しそうに笑う君が
この手には何も掴めないと
その声を震わせた

静まり返る夜の隙間
月も星も見えなくなって
まるで世界に見捨てられた
気がしてもそれでもまだ

手を伸ばして そう何度でも
青く染まるその先へ
不安定で不完全な僕らにも
まだ朝はやってくるよ

あの日見た景色は今も
瞼の裏焼き付いている
始まりを告げるようだった
黒から青に変わる夜明けを
信じろ

走り出した胸を叩く
痛いほどの鼓動の音
生きている意味なんてさ
何だっていいんだよ
だから

手を伸ばして そう何度でも
青く染まるその先へ
不安定で不完全な僕らなら
ほら何処へでも行けるよ




[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]