「calling you」

ずっとその目を閉ざして
ただ朝を待って いつまでも膝を抱えていた

もっと上手く生きなくちゃ
そう思う度に 少しづつ息苦しくなった

意味や理由に縛り付けられて
笑い方さえ忘れたままで
通り過ぎていく

そのままで 生きていて
決して綺麗なことばかりじゃないが
そんなものだろう どうせいつか死ぬんだ

ねぇ 抱きしめて
今は何も信じれなくたっていいよ
微かでも確かに
いま君を呼ぶ声がした

そっとその手を開いて
空っぽの両手 眺めては諦めてきたんだ

もっと優しくなりたい
そう願う君は 誰よりも優しい人

そのままで 生きていて
他の誰かになんてなれないんだ
胸の痛みも 例えようのない不安も

そう その全て
君が生きているって証なんだ
悲しみも迷いも 宝物になっていく

意味や理由なんて初めからない
そう思えたなら ほらいつでも
その手伸ばして

そのままで 生きていて
決して綺麗なことばかりじゃないが
そんなものだろう どうせいつか死ぬんだ

そう その全て
君が生きているって証なんだ
微かでも確かに いま君を呼ぶ声がした

ほら君を呼ぶ声がする




[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]