「イノセント」

白い肌の裏に隠した秘密の数だけ
"生きよう"と夜を越えたこと
失くさないように

雨が止んで忘れられた
使い捨ての傘みたいに
誰にも期待されることのない
毎日が過ぎていく

ノートに書きなぐった心の内側
涙で滲んで真っ黒に染まる

神様もし居るならどうか私を見つけて
"生きている"ねぇ ただそれだけで
たまには褒めてよ

目の前にある全てが
きれいごとや嘘みたいで
誰かの言葉にも心から
笑えなくなっていたんだ

それでも消えない不完全な心
それならもういっそ失くなってしまえばいい

何もかも諦めたふりでそれでも本当は
明日を待ってしまう事も解っているのに

白い肌の裏に隠した青い傷痕が
"生きたい"と叫んでいるように
僕には聴こえた




[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]