「彗星前夜」

なんとなく過ぎる毎日に
訳もなくまた焦っている
変わりたいなんて思いながら
またマンガ読んで一日が終わる

四畳半のワンルームは
僕だけの無限の宇宙
全てが想像通りなのに
ときどき虚しくなる

彗星に飛び乗って 君の街まで
あの日の想い抱えたまま
描いてた未来といまも交信中
なんて言えたらな
ハロー ハロー

四畳半のワンルームに
閉じ込めた自分を捨てて
張りぼての宇宙を壊して
昨日にさよならする

静寂の彼方へ この夜を越えていく
青い星の欠片探して
諦めかけていたいつかの願いごと
もう一度信じて唱えた

彗星に飛び乗って まだ見ぬ場所へ
銀河の果てまで行けるかな
描いてた未来はいまも更新中
新たな世界へ
ハローハロー




[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]