「心拍数」

白い部屋の隅で 膝を抱え
朝が来るのを拒んでいた

いくら泣いてみても
叫んでもこの声は届かない

気休めでいいから
独りじゃないよって
誰か言ってくれないか
頭が狂いそうだ

窓際の紅い花 役目を終え
花瓶のなか枯れていた

それでも続いていく
胸の音が五月蝿くて眠れない

触れなくていいから
その声でせめて
名前を呼んでくれないか
涙が溢れそうだ

いくら受け取っても
返せやしないけど
出来れば愛してくれないか

心が壊れそうだ
心が壊れそうだ
心が壊れそうだ




[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]