「ギフト」

明け方6時 ふいに鳴り響く
電話の知らせは突然で
さよならさえも言えないままで
君は息を止めてしまった

あれからいくつ
同じ季節が通り過ぎても
守れなかった約束に
まだ少し胸が痛いよ

人が生まれること
それもいつか終わること
そんな当たり前を
いつも忘れてしまうけれど

5分遅れで駅に滑り込む
環状線は今日も満員で
優先席もおかまいなしに
居場所を守るイス取りゲーム

いつも君が褒めてくれてた
僕のこの声も
相変わらず好きじゃないけど
歌い続けているよ

思い出そうとしたら
笑顔ばかり浮かんでくるのは
君がどんな時も
優しくて強い人だったから

君と生きていたこと
いまはもう側にいないこと
そんな当たり前を
抱きしめて今日を生きていく

涙が出ること寂しくなれること
君からもらった宝物だよ

涙が出ること優しくなれること
君からもらった宝物だよ




[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]