「生命線」

見え透いた嘘でいつも誤魔化しては
言い訳ばかりの毎日を

何かから逃げるように過ごしてきた
変われない自分が嫌になるけど

強さを求めもがいた夜
優しくなれずに泣いた朝
それでも鼓動は続いていく
そう生きている

誰からも見えない場所で叫んでいた
本当は分かってほしいのに

強がって隠して鍵かけても
君は君のままで居ればいいんだよ

怖くて足が竦んだとき
自分すら見失ったとき
その手をどうか伸ばしてみて
ここにいるから

例えば君が泣いていても
例えば君が傷ついても
君は君から逃げられないけど

痛みを抱えて生きる君
弱さを隠して歩く日々
本当の声を聴かせてくれ
失くしてないだろう?

強さを求めもがいた夜
優しくなれずに泣いた朝
それでも鼓動は続いていく
そう生きている




[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]