「フローライト」

置き去りのままで針は進んでく
暗がりのなか選ばれる時を待って
軋む心の巡る速度に
言葉はいつも追いつけないままだった

掠れた声で叫び続けてる
淡い光が指し示す影を追って
その輝きが見たくもない
未来ばかりを照らしたとしても

満たされたフリでいつも笑いながら
失くすことばかり恐れて
ずっと言えないでいる本当のことも
抱えたままで過ぎていくけど

疲れた足で歩き続けてる
眩しい光に目の前遮られて
その輝きが知りたくもない
世界ばかりを曝したとしても

大事なものばかり増えていくけど
この手にはなにもなくて
ただ降り注ぐ光の向こう側へ
その先になにが見えた今

繋いでた手も解けてしまうけれど
その光に手を伸ばして
まだ癒えない傷のこの痛みさえも
抱えたままで明日へ




[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]