「白い肌について」

「伝えたい事なんてひとつもない」
きみは呟く 赤い目を腫らして

下唇噛んで強がった
仮面被って笑ってみせるのが
得意だった

祈るような日々の中で
心は壊れていくだけ
それでも向き合ってみてよ
ほらドアの鍵は開いてるさ

その白く細い腕の 鮮やかな青い傷痕
きみは黙って眺めてた

零れ落ちていく涙の雫が
傷を濡らして光るのが綺麗で
見惚れてた

裏切られて泣いてしまうほど
愛されることは怖いけど
いつでもただ信じていた
それくらいきみは優しい人

祈るような日々の中で
心は壊れていくけど
それでも手を伸ばしていいんだよ
もうドアの鍵は開いてるから

そのドアの先で待ってるから




[←前の歌詞を見る] [次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]