「彼方の声」

夜の街はいつもとても
綺麗なもので溢れていて
惨めなぼくはひとりぼっちで
肩竦め部屋に急ぐだけ

青に変わり置き去りのまま
歩き出す人の群れを見送り
そっと目を閉じた

帰り道の交差点で
立止まってる淡い影
遠くなってく記憶の中
霞むきみの声

夜の街はどこに居ても
誰もがみんな笑っていて
無垢な心はその手繋いで
肩寄せて夢を見てる

また 青に変わり置き去りのまま
いくらこの手差し出しても
触れるものは温い風だけ

苦しくなる胸の奥で
鳴り響いてたきみの声
遠くなってく記憶の中
霞んでく

帰り道の交差点で
振返るけど見失って
もう聴えないよ
あの日の声

きみはもう居ない




[次の歌詞を見る→]

[←一覧に戻る]