花は盛りに 現代語訳






花は盛りに 〜ネットより〜


桜の花は満開に咲いているさまだけを、月は曇りなく照りわたっているさまだけを観賞するものか、いや、そうではない。
雨を見ながら、月を懐かしみ、簾や帳を下ろしてひきもっていて春が過ぎていくのも知らずにいるのも、やはりしみじみと趣が深い。
今にも咲きそうな様子の梢、花が散りしおれた庭などこそ、見るところが多い。
歌の詞書にも、「花見に参りましたが、すでに散ってしまっていたので。」とも、「具合の悪いことがあって、参りませんで。」などとも書いてあるのは、「花を見て。」と言ったのに劣ることであろうか、いや、劣ってはいない。
花が散り、月が傾くのを惜しみ慕う習慣はもっともなことであるが、特にものの情趣を解さない人は、「この枝も、あの枝も、花が散ってしまった。今は見どころがない。」などと言うようだ。 どんなことも、最初と最後こそがおもしろい。男女の情愛も、一途に夫婦としての関係を結ぶのだけをいうものであろうか、いや、そうではない。結婚せずに終わってしまったつらさを思い、実を結ばなかった約束を嘆き、長い夜をひとりで明かし、遠く離れた空の彼方の恋人を思いやり、浅茅の茂った荒れた家
に昔をなつかしむことこそ、恋の情趣を解するといえよう。  満月が曇りなく照らしているのをはるか遠くの地まで眺めているのよりも、明け方近くまで待っていてやっと出てきた月が、いかにもしんみりとして、青みを帯びたように、深山の杉の梢にかかって見えているさまや、木の間からもれる月の光や、さっと時雨を降らせた一群れの雲の間に隠れている月のさまなどは、このうえなくしみじみとした趣である。小さな椎の木や白樫などの、水にぬれているようなつやつやした葉の上に月の光
がきらきらしているのは、身にしみわたるようで、情趣を解する友がいればなあと、都が恋しく思われる。 総じて、月や花を、そのように目だけで見るものだろうか、いや、そうではない。春は家から出かけなくても、月の夜は寝室の中にいるままでも思いをはせているのは、とても期待が持たれ、趣深い。教養のある人は、ひたすら好みふける様子もなく、おもしろがる様子もあっさりしている。片田舎の人に限って、しつこくすべてのことをおもしろがる。花のもとには、にじり寄り近寄りして、わき目もふらず見つめて、酒を飲み、連歌をして、しまいには、大きな枝を、容赦なく折り取ってしまう。泉には手足をつっこみ、雪には降り立って足跡をつけるなど、すべてのものを、遠くからそれとなく見ることがない。(第百三十七段)




           Edit 
 コメントを読む/書く (21)
前の記事|次の記事
coment
come
ブログTOP