今日からキミと


  それぞれの「スキ」[2/17]



 












「榛名さんが好き?何を今さら」

「へ?」



駅前、1日にしてすっかり顔馴染み?になってしまったカフェにて。

あの日、やっぱり自分は柊のことが好きなんだと再確認した。だからもういい加減認めよう。
そう思って旅行から帰ってきた梨恵に告げた言葉は、あっさり返されて。





「あれ…?わたし梨恵に柊が好きだって言ったの、確か初めて…だよね?」



そう言って首をひねるわたしに、梨恵はため息をついた。





「あんたが榛名さんが好きだって認めたのは初めてだよ?でももう態度っていうか…反応?雰囲気?でほぼ確信してたし」

「えぇー…」



そんなわかりやすかったかな、わたし……





「顔真っ赤にして否定したところでさ、それは結局肯定してるのと一緒なのよ」

「いや……でもさあ…」

「んでさ。あたし思うんだけど」

「何?」


 



- 277 -



/455 n


⇒しおり挿入



⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


▽top