今日からキミと


   さあ、声に出して[17/17]



 


「たった1度振られただけでやけになったんだよ。本気で好きじゃないのに女つくって、形式だけの恋人に満たされた気になって。……馬鹿だろ、俺」

「……うん」

「結局、その場その場で女遊びをしてただけ。最低だよな」

「……うん」

「ははっ…"うん"って、朱美はほんと素直だな」





───人を本気で愛したって、虚しいだけだ──



柊と出会ったばかりの頃、彼が言った言葉。
今の彼は、この言葉を言った時と同じ表情をしてる。



……どこか淋しげな、笑顔。
















「……朱美。ちょっと昔話に付き合ってくれる?」



その表情のまま、柊は話を始めた。


 



- 226 -



/455 n


⇒しおり挿入



⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


▽top