今日からキミと


   はじめての朝帰り[2/45]



 













「うわー…」

「すごい雨…」



病院から帰る途中。

待ち合わせをした駅に着いて外に出てみると、突然の大雨が降っていた。





「まさかとは思ってたけど、本当に降るとはねー」

「ちょっ…何呑気に言ってんのよ!」

「いやいや、若干焦ってるって」



柊は空を見上げて髪の毛をグシャグシャっとしながら「どうすっかな…」と呟く。


雨はなかなか止みそうになくて。


わたしもどうしよう……





「…あ、バスは……」



そういえば、と思いバス乗り場のある方を見てみる。
しかしそこにはバス待ちの人たちの長蛇の列。



「………」

「…まあ、これだけの雨ならみんなバスに乗りたいよな」


 



- 99 -



/455 n


⇒しおり挿入



⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


▽top