今日からキミと


      初デート?[25/25]



 


「…あれ、でも彼氏じゃないならなんでデートみたいなこと……」

「それはもういいから。篤志、あっちの席行こっ」

「え…ああ……」



梨恵は「ごゆっくり〜」と手を振って疑問を残したままの佐伯を引っ張っていく。







「梨恵ちゃん、週末デートっていうのは本当だったんだ」

「…みたいだね」

「俺らカップルに見えるんだね」

「みたいだ……いやいやいや、見えないから!」

「…そんな全力で否定しなくても」



一息ついてケーキを食べ始める柊。
それを見てわたしも再びケーキを頬張る。

間接キスのことなんて、いつの間にか忘れてしまっていた。





「食べ終わったら病院行くか」

「うん。わかった」

「…一口もーらいっ」

「あっ、ちょ……勝手に取らないでよ!」





ぎゃあぎゃあ騒ぎながらも、ケーキバイキングを楽しんで。


今からが今日の本題。
柊の妹…美於ちゃんって、いったいどんな子なんだろう。


 



- 75 -



/455 n


⇒しおり挿入



⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


▽top